医療脱毛ガイドトップページ

医療脱毛ガイドトップページ

医療脱毛ガイドにようこそ。当サイトは、医療脱毛の基礎知識や受ける際のポイント、医療機関の選び方、部位別のポイントなどを取り上げた情報サイトです。

医療脱毛って何?

医療脱毛とは、医療機関(クリニック)が医療行為として行う脱毛のことです。医師や看護師といった医療の有資格者が施術を行いますから、施術を受ける方は患者さんと呼ばれます。

「永久脱毛」って何?実現できるの?

理論上の「永久脱毛」は、アメリカの行政機関・FDA(アメリカ食品医薬品局)や、アメリカ電気脱毛協会(American Electrology Association)が定義しています。それによれば、一定期間に一定の割合以上の毛が再生しない(減っている)ことを意味しています。

しかし、実際に医療脱毛を受けた大半の方は、この定義よりも、もっと長期間にわたって極めて低い再生率を実現できています。100%産毛1本すら無くなるというよりも、自分も周りも気にならない程度に比べて、はるかに高い割合で永続的に毛をなくし続けることが可能だといえます。

関連「永久脱毛」の意味は?

医療脱毛ってどんなことするの?

医療脱毛は、そもそも毛を作り出す組織そのものを破壊します。毛根や毛母細胞、あるいはバルジ領域に熱を与えて、これら毛の生成組織を破壊することで、新たな毛が生えてこないようにする施術です。

人体で体毛を作ったり、維持・成長させる組織は、毛包という皮膚付属器官を構成しています。毛包は、目・口・鼻や胃・心臓などと同じ器官であり、医療脱毛によって毛包を構成する組織を破壊すれば、新たな毛が作られることがなくなります。

医療脱毛には、レーザー脱毛(医療レーザー脱毛)針脱毛という方法があります。どちらも体毛を作る組織を破壊して理論上の「永久脱毛」が可能な医療脱毛であり、医療機関(クリニック)だけに認められた医療行為という点は同じです。

医療レーザー脱毛って何?

レーザー脱毛(医療レーザー脱毛)は、肌の上からレーザーを照射して、皮膚内部にある毛根から毛乳頭、毛母細胞など、あるいは、バルジ領域と言われる部分に存在する、毛を作る組織をまるごと破壊する脱毛方法です。
これは、毛根に含まれる黒い色素が、特定のレーザーが持つ熱エネルギーを吸収する性質を利用したものです。

医療レーザー脱毛は広範囲を効率よく受けられやすく、針脱毛と比べて、施術中の痛みや肌トラブルのリスクがとても低く、料金面も明らかに安いと言えます。医療レーザー脱毛は全国的に普及しており、一般的に医療脱毛の主流となっている方法といえます。

参考医療レーザー脱毛とは

針脱毛って何?

針脱毛は、施術部位の毛穴1本1本に電気針(絶縁針)を差し込み、毛根の深いところに電流を流すことで、やはり毛乳頭や毛母細胞など、毛を作る組織をまるごと破壊する脱毛方法です。

針脱毛はレーザー脱毛に比べると、とても手間がかかり、施術者の高度な技能が要求されます。このため広範囲の施術には向かず、費用はとても高額です。しかし、毛根に直接電流を流す方法は、脱毛効果の確実性が高く、あらゆる毛に効果があると考えられています。

参考針脱毛とは

医療レーザー脱毛と針脱毛はどっちがいいの?

医療レーザー脱毛と針脱毛はどちらが良いのでしょうか?ここで、両者の特徴をまとめてみました。

医療レーザー脱毛の特徴

医療レーザー脱毛は、薄毛や白髪、細くて薄い毛の脱毛が苦手で、色黒肌、日焼け肌には適さないと言われてきました。
しかし現在では、レーザーの波長や照射口の大きさ・形状、吸引方式や冷却システムの搭載など、さまざまな脱毛機が登場し、こうした従来は苦手や不向きとされたあらゆる毛・肌質でも十分対応できるようになっています。

医療レーザー脱毛は、広範囲を効率よく施術できますし、全国的に広く普及しており、脱毛効果の施術実績も十分です。全身脱毛5回コースでも10万円台というクリニックも増えています。一般的に医療脱毛といえば、医療レーザー脱毛を指すことが主流です。

針脱毛の特徴

針脱毛は、医療レーザー脱毛に比べれば非常に手間がかかりますし、施術中の痛みや肌トラブルの可能性も高い方法です。熟練の技能が要求され、全国どこでも受けられるわけではありません。針脱毛は非常に高額で、両脇だけの脱毛完了が10~15万円でもかなり安い方です。

針脱毛は、長い施術時間の割に、一度に広範囲の施術は出来ません。ただし、体毛の色素に左右されず、白髪や産毛、細くて薄い毛など、あらゆる毛に脱毛効果を発揮します。程度にもよりますが、日焼け肌や色黒肌でも施術可能で、脱毛効果の確実さは勝っているといえます。

両者を比べると、十分な施術実績や全国的な普及度、高すぎない料金や豊富な料金プラン、施術範囲の広さと効率の良さを考えると、初めての医療脱毛として、まずは医療レーザー脱毛から受けることをおすすめします。

その一方、針脱毛は非常に高額ですし、効率が悪く、全国どこでも受けられるものではありません。ただし、針脱毛の脱毛効果は確実ですし、施術面積や電気針1本単位で申し込めるクリニックが多く見られます。
このため、まずは医療レーザー脱毛で施術を完了された方が、それでもなおガンコに生え残った箇所が局所的に見つかった場合に限り、ピンポイントで針脱毛を検討することもおすすめできます。

参考レーザー脱毛と針脱毛の違いを比較

医療脱毛は何回受けるの?どれくらいの期間かかるの?

医療脱毛(医療レーザー脱毛)は、一般的には2~3ヶ月おきに1回のペースで、5~6回程度の施術で完了すると言われます。これは日本人の平均的な毛質を想定し、自己処理せずに済む程度の脱毛を想定したものです。

2~3(ヶ月)×5~6回=10~18ヶ月

つまり、平均的に1年~1年半で施術完了するのが、だいたいおおよその目安と言えます。

実際には、個人差や部位によって違います。完璧にツルツルにしたい部位もあれば、自然に薄く残したい部位もあるでしょう。
平均的な目安としては、5~6回の施術でほとんどの方は満足な結果を得られますし、そうでない場合があっても、さらに2~3回の追加照射で、大半の方は施術を完了されています。

関連医療脱毛は何回受けるのか?

2~3ヶ月という間隔に関しても、個人差や部位による違いがあります。医療レーザー脱毛は成長期の毛に脱毛効果があるため、平均して2~3ヶ月おきに施術を受けることが最も理想的と言われます。

参考医療脱毛はどれくらいの期間がかかるのか?

医療脱毛は何科で受けるのが良いの?

医療脱毛を行うクリニックでは、一般的に美容外科、美容皮膚科、皮膚科などを標榜している場合が多く見られます。ただし、日本の医療法では、「美容内科」という名称は認められていません。

その一方、医療脱毛のクリニックでは、特に何科であるか明記してないクリニックもあります。日本では、認められた範囲なら何科を名乗っても良いですし、特に診療科を明記していないからといって、ただちにそのこと自体が法的に問題になることはありません。

日本では、医療脱毛は、公的健康保険の適用外(自由診療)です。多くのクリニックが法令に従う範囲で自由に競争し、さまざまなサービスが展開されています。何科であるかないかということに関係なく、さまざまなサービスのなかから優れたものを選ぶことができるといえます。

関連医療脱毛は美容外科や皮膚科など何科が良いのか?

医療脱毛は高い?それでも薦める理由は?

医療脱毛(医療レーザー脱毛)は、エステ脱毛と比べると、確かに1回あたりの施術料金は高い傾向があります。しかし、希望する脱毛レベルまで施術を終了すれば、その後に特別なメンテナンスや通い直すことが不要で、長期的に見れば高いとはいえません。

医療機関(クリニック)では無いエステ脱毛では、体毛を作る組織の破壊(=医療行為)は認められません。これらは一時的な体毛の除去や減毛にとどまり、また通い直す必要が生じるため、根本的な解決とは言えません。

関連医療レーザー脱毛はエステ脱毛より高いのか?

医療脱毛は公的健康保険が使えるか?

医療脱毛は一般的な病気やケガの場合と異なり、公的健康保険の適用外(全額自己負担)です。これは自由診療と呼ばれますが、医療機関(クリニック)が医療行為として提供し、医療関係の法令に基づいて行う点は変わりません。この点からも、安心して受けることができます。

また、自由診療ということは、医療機関(クリニック)と患者さんとの契約が基本であり、自由度の高いさまざまなメニューを提供することが可能です。費用面に関しても、医療ローンを取り扱った分割払いを提供するクリニックが多く、月々の負担を数千円に抑えることが可能です。

参考医療脱毛は公的健康保険が受けられるか?

医療脱毛は他の脱毛法とどう違うの?

医療脱毛以外の脱毛法には、脱毛サロンや脱毛エステと呼ばれる医療機関以外が行う脱毛サービスや、自分で出来る家庭用脱毛器、脱毛クリーム・脱毛ワックス・脱毛テープ・毛抜きなどが挙げられます。

関連脱毛方法の種類と比較

サロンやエステなどのフラッシュ脱毛(光脱毛、IPL脱毛)や照射タイプの家庭用脱毛器は、皮膚の上から光をあてて体毛を除去する脱毛法です。これは、光が持つ特定の熱エネルギーを体毛が吸収する性質を利用した点で、原理自体は医療脱毛(医療レーザー脱毛)と同じといえます。

関連フラッシュ脱毛(IPL脱毛)とは何か?

しかし、決定的に違うのは、体毛を作る組織ごと破壊できるのは、医療脱毛だけだという点です。体毛の生成組織を破壊するのは医療行為であり、これが出来るのは医療機関(クリニック)だけだと法令で定められています。

医療機関以外のエステ、サロン、家庭用脱毛器では毛の生成組織の破壊は禁じられており、実際の出力は、今生えている体毛の除去にとどまるパワーに抑えられています。これは一時的な体毛の除去に過ぎず、根本的な解決にはなりません。

参考脱毛サロンとは?

日本では医療脱毛だけが、アメリカの行政機関FDA認可の医療用脱毛機を使って、高い出力のレーザー脱毛で、毛根、毛母細胞やバルジ領域にある体毛を作る組織ごと破壊することで、新しい毛が再生することの無い、理論上の永久脱毛よりはるかに高い永続的な脱毛効果を提供することができます。

また、医療脱毛は、診察も施術も、医師や看護師という医療の有資格者が医療関係の法令に基づいて行います。施術中の痛みを緩和する麻酔措置や、肌トラブル時の診察やお薬(医薬品)の処方なども、医療機関(クリニック)だけが可能で、エステやサロンでは全くできません。

参考医療脱毛とエステ脱毛の違い

医療脱毛の効果はどんなもの?

医療脱毛(医療レーザー脱毛)の効果は、毛を作る組織ごと破壊するため、新たな毛が再生することが相当な割合で無い点だといえます。この効果に関しては、さまざまな質問があると思います。

  • どんな部位でも効果があるの?(効果が出やすい/出にくい部位があるの?)
  • 剛毛/産毛/青ひげでも効果があるの?
  • 本当にいつまでも毛が生えてこないの?
  • 効果が無かった例はあるの?
  • 効果の予測(見通し)は可能?
  • 医療レーザー脱毛で肌が綺麗になるの?
  • 医療レーザー脱毛でワキガが治る(または悪化する)?
  • 介護脱毛って何?

当サイトでは、これら医療脱毛に関する質問にも応えていきます。

医療脱毛は部位や毛の性質で効果が違うか?

まず、医療脱毛は部位によって効果が違うのか?とか、剛毛・産毛・青ひげなど、毛質による効果の違いがあるのか?について説明します。

医療脱毛は毛質によって効果が違うのか?

これらは、毛の性質によります。医療脱毛(医療レーザー脱毛)は、体毛に含まれる黒い色素が特定のレーザーが持つ熱エネルギーを吸収する性質を利用したものです。

このため、一見ガンコなムダ毛と思われる剛毛ほど、実は熱をよく吸収するため、医療脱毛の効果は高いといえます。また、皮膚の下にある体毛が透けて青黒く見える状態=「青ひげ」も、医療レーザー脱毛が最良の治療法といえます。

関連医療脱毛は剛毛でも効果があるのか?

参考青ひげの原因と治療法

これとは逆に、例えば脱色クリームで黒いメラニン色素が減らした毛に対しては、医療脱毛の効果は下がってしまいます。医療脱毛を始めるなら、脱色クリームの使用は控えたほうが良いと思います。

参考脱色クリームと医療脱毛への影響

医療脱毛は部位によって効果が違うのか?

医療レーザー脱毛では、体毛が吸収した熱が、毛根・毛母細胞またはバルジ領域という、体毛を作る組織に波及して組織ごと破壊します。このため、太くて濃ゆい毛が多い部分ほど脱毛しやすく、細くて薄い毛が多い部分は脱毛しにくいと言われます。

参考脱毛効果の出やすい部位・出にくい部位

従来は、白髪や産毛、細くて薄い毛など、黒い色素が少ない体毛が多い部位は、医療レーザー脱毛では難しいと言われてきました。しかし最近では、医療技術の進歩により、こうした体毛でも医療レーザー脱毛で対処できるようになっています。

参考医療脱毛は産毛にも効果があるのか?

関連医療レーザー脱毛では産毛は残るのか?

医療レーザー脱毛で使用するレーザーには、黒くて太い毛を作り出す、皮膚の奥深くに根ざす生成組織だけでなく、細くて薄い毛を作る、皮膚内部の比較的浅い部分に狙いを定めて照射するレーザーも登場しています。

また、照射口に関しても、広範囲を一度に照射する効率的なタイプから、狭い範囲を集中的に照射するタイプまで、さまざまなタイプが出てきました。医療レーザー脱毛で使う脱毛機は、こうしたレーザーや照射口によって機種を使い分けることで、あらゆる肌質・毛質に対応できる仕組みが整っています。

医療脱毛の効果と影響

医療脱毛は本当にいつまでも毛が生えないのか?というと、先にこのページの「(「永久脱毛」って何?実現できるの?)」で説明した通り、全く100%永遠にツルツルになるということは想定していません。

しかし、「相当な割合で新たな毛が生えてこない状態が、長期的・永続的に安定して続く」という意味なら、ほぼ永久的な脱毛は実現できると言えます。実際に医療脱毛を受けた方の大半は、理論上の「永久脱毛」の定義よりも、遥かに高い脱毛効果を継続しています。

参考いつまでも毛が生えてこなくなるのか?

それでは、「医療脱毛に効果が無かった例は無いのか?」と言われれば、1年~1年半の間に5~6回程度の施術を完了した方で、全く脱毛効果が無かったという方はいないと思います。

関連医療レーザー脱毛で効果が無かった例はあるのか?

「医療脱毛の効果を予測することは可能か?」と言われると、「易しいことでは無いが、出来ないことは無い」といえます。これは、施術者が本人の肌質や毛質、皮膚の状態を確認した上で、レーザーや脱毛機の種類、照射出力によって変わってくると思います。

参考医療脱毛の効果の予測は可能か?

この他にも、医療脱毛(医療レーザー脱毛)を受けることで、直接的な効果というよりも医療脱毛を受けた結果として健康的なお肌になることがありますし、
ワキガへの影響はプラスでもマイナスでも無く医療脱毛自体は関係ありませんが、ムダ毛をなくすことで清潔な環境になることはあろうかと思います。

参考医療レーザー脱毛で肌が綺麗になるのか?

参考医療脱毛ではワキガが治る(悪化する)か?

関連介護脱毛とは何か?(女性)

医療脱毛の安全性

医療脱毛は、極めて安全性の高い脱毛方法です。レーザー照射で熱エネルギーを受けますから施術中に痛みを感じることが無いわけではありませんし、術後しばらくの間は赤みや腫れを感じることもあります。
ただし、そのほとんどは数時間~施術当日のうちに治まりますし、遅い方でも2~3日で元に戻ることが一般的です。

参考医療レーザー脱毛は安全か

医療脱毛で万が一肌トラブルが続いたときは?

医療脱毛を受けて数日後も、赤みや腫れが引かなかったり、炎症やヤケドなどが残るなど、肌トラブルが生じる割合は極めてまれです。医療脱毛は、とても安全な医療行為といえます。
もしも万が一、こうした症状が2~3日たっても続いた場合は、施術を受けたクリニックに相談したり、場合によっては適切な診療所・病院の診察を受けましょう。

医療脱毛は医療機関(クリニック)が行う医療行為です。ごくまれに肌トラブルが生じた場合でも、エステやサロンでは受けられない医師の診察やお薬(医薬品)の処方など、適切な処置が受けられるのは医療脱毛だけです。

参考医療脱毛で赤みが続いたらどうすべきか?

増毛化・硬毛化って?

増毛化・硬毛化とは、脱毛によってかえって新たな毛が生えたり、太い毛が生える現象です。これは医療レーザー脱毛に限らず、同じ医療脱毛である針脱毛や、医療脱毛以外のサロン・エステ・家庭用脱毛器・自己処理など、脱毛に伴って見られる現象です。

増毛化・硬毛化は、非常にまれなケースです。めったに生じることが無い現象ですが、その原因は、医学的に未解明な部分といえます。

しかし、医療脱毛なら、増毛化・硬毛化が生じた部分に、同様の施術を行えば、それ以前の体毛と同じように脱毛効果があることがわかっています。
このため、医療脱毛を行うクリニックのなかでは、増毛化・硬毛化が確認できた箇所の追加照射は無料で行うというところもあります。

関連増毛化・硬毛化とは

医療脱毛って痛くないの?

施術中の痛みに関していえば、医療脱毛は「痛くないということは無い」と思います。ただし、これは個人差や部位によっても違います。医療脱毛(医療レーザー脱毛)は、体毛がレーザーに含まれる熱エネルギーを吸収するという原理上、痛みを感じるほど高い脱毛効果を得ているともいえます。

一般的には、多くの患者さんは、回数を追うごとに痛みを感じない傾向があります。
1回目、2回目は高い出力で強い痛みを感じることも少なくないものの、3回目、4回目、、、と脱毛がある程度進んだ段階ならレーザーを高出力のままにする必要も低くなり、慣れるということもあって、痛みを感じることも多くないと思います。

参考医療レーザー脱毛の痛みと軽減策

医療脱毛の麻酔って?

医療脱毛の施術中の痛みは、ほとんどの患者さんは、我慢しようと思えば我慢できる痛みです。しかし、皮膚の奥深くまで照射する場合や、皮膚が薄いデリケートな部位など、どうしても我慢出来ない場合は、希望する方を対象に、麻酔を提供するクリニックが多く見られます。

医療脱毛のクリニックで提供する麻酔は、皮膚にクリーム(軟膏)を塗るクリーム麻酔(表面麻酔)や、マスクをかけて医療用ガスを鼻から吸入する笑気麻酔が一般的です。これらは、希望する方を対象に有料オプションとして提供するクリニックが一般的です(1回3,000~5,000円が平均的)。

こうした麻酔措置も、サロンやエステなどでは受けられない(認められない)医療行為であり、提供できるのは医療脱毛だけです。施術中の痛みの軽減策として、どうしても我慢できない部位では、利用することをおすすめします。

関連笑気麻酔とクリーム麻酔はどっちが良いのか

医療脱毛は肌や人体に悪い影響があるの?

医療脱毛が、それを受けることによって直接肌や人体に悪影響を及ぼすということはありません。医療脱毛は、非常に安全性の高い医療行為です。

まず、医療脱毛によって肌にシミが出来るということはありません。
医療脱毛を受けている方は、施術後の状態を放置したままでは、通常以上にシミが出来やすいとは言えます。ただし、これは自分で予防できることですし、医療脱毛そのものがシミの原因になるということはありません。

医療脱毛の施術が完了するまでは、肌にシミができやすい状態とは言えますが、日焼け止めや肌クリームなど、紫外線と保湿など適切なケアを心がけていれば、十分に防ぐことができます。施術が完了するまでは長袖を着るなど、紫外線対策と肌のケアを心がけましょう。

参考医療脱毛はシミが出来るのか?

また、医療脱毛(医療レーザー脱毛)で使用するレーザーは赤外線に近いものであり、皮膚がんを引き起こすのは紫外線です。赤外線に皮膚がんを引き起こす発がん性はありません。このため、医療脱毛のレーザー自体に皮膚がんを引き起こす可能性は無いといえます。

関連医療レーザー脱毛は皮膚がんのリスクが高まるのか?

どんな場合でも医療脱毛を受けられる?

医療脱毛は安全性が高い医療行為ですが、場合によっては施術が受けられないケースもあります。ここでは、それぞれのケースを見ていきます。

薬を服用中/アトピーでも受けられる?

医療脱毛(医療レーザー脱毛)を検討中の方で、服用中の薬がある方や、アトピーなど皮膚疾患がある方は、医療脱毛を行っているクリニックで相談してみましょう。

どちらの場合も医療脱毛が可能かどうかはケースバイケースであり、施術が受けられない場合もあれば、安心して受けられる場合もあります。後述どおり、医師による無料カウンセリングを行っているクリニックを受けてみましょう。

参考薬を服用中でも医療脱毛は受けられるか?

参考アトピーでも医療脱毛を受けられるか?

未成年の医療脱毛はどうか?

医療脱毛は未成年でも可能です。ただし、施術中の痛みと身体が未成熟であることを考えれば、20歳に満たない方には医療脱毛はおすすめしません。

また、思春期(成長期)の前に医療脱毛を受けても、その後に新しく体毛を作る組織が作られる可能性があると思います。この場合、大人になってから改めて医療脱毛を受け直せばよいのですが、二重の負担といえます。
これを避けようと思うなら、やはり成人以降に受けることが無難だと思います。

医療脱毛は、15歳以下は受けるべきでは無いと思いますが、16~19歳ならクリニックによって判断が分かれるところかと思います。どうしても体毛に悩んでいるという場合は、後述する医師の無料カウンセリングを受けて相談してみましょう。

参考医療脱毛は未成年でも可能か?

こうした方は医師の無料カウンセリングを

医療脱毛のクリニックでは、ほとんどのクリニックで初回のカウンセリングは無料ですし、カウンセリングを受けたからといって契約する必要は無く、カウンセリングだけ受けて帰宅することも全く問題ありません。

薬の服用やアトピーなど皮膚疾患を抱えた方、あるいは未成年(16歳以上。15歳以下の方にはおすすめしません)で体毛に悩む方は、無料カウンセリングで医師が応対してくれるクリニックがおすすめです。

無料カウンセリングでは、薬の種類や服用状況、お肌の状態などを実際に見てもらって詳しく相談することで、医療脱毛の可否を判断してもらえると思います。クリニックのスタッフ(カウンセラーなど)ではなく、医師が担当してくれるクリニックが望ましいといえます。

医療脱毛の部位別ポイント

医療脱毛は一般に、粘膜では無いところなら全身どこの部位でも施術が可能だといえます。

多くのクリニックでは、各部位ごと、複数の部位をまとめたセット、全身部位のそれぞれについて、1回ごと、あるいは、5~6回といったコースなど、豊富なメニューから選べるサービスを行っています。

医療脱毛(医療レーザー脱毛)のレーザーや脱毛機の違いって?

医療脱毛(医療レーザー脱毛)で使用するレーザーや脱毛機には、波長や照射口、吸引システムや冷却装置などの違いによって、さまざまな種類があります。

医療脱毛は、体毛が持つ黒い色素が特定のレーザーに含まれる熱エネルギーを吸収する性質を利用して、その熱エネルギーで毛根や毛母細胞、あるいはバルジ領域といった体毛を作る組織ごと破壊する仕組みです。

このため、皮膚の奥深くどこまで波及効果があるかや、熱破壊式か蓄熱式か、照射口の形状や大きさ、吸引や冷却装置の有無など、レーザーや脱毛機の違いによって、どんな肌質や毛質の脱毛に効果があるかが違ってきます。

医療脱毛で使うレーザーの違い

医療レーザー脱毛で使われるレーザーには、アレキサンドライトレーザー(波長:755nm)、ダイオードレーザー(波長:800nm/可変)、YAG(ヤグ)レーザー(波長:1064nm。NdYAG)などの種類があります。

アレキサンドライトは、有色人種、特に日本人には最も適したレーザーと言われます。肌トラブルが最も少ないレーザーでもあります。産毛、白髪、日焼け、剛毛など毛根が深い毛には不向きと言われてきましたが、こうしたデメリットを改良した脱毛機もあります。

ダイオードはアレキサンドライトよりも波長が長く、「可変式」=波長を調整することもできます。浅い毛根から深い毛根まで対応し、細い毛や産毛にも効果があります。バランスが良いレーザーですが、そのぶん痛みを感じやすいレーザーでもあります。

ヤグは、非常に波長が長く、皮膚の奥深く届くため、色黒い肌や、濃く根深い毛でも高い脱毛効果があります。非常に強い痛みを感じやすいデメリットがありますが、冷却装置を搭載した脱毛機なら痛みも緩和されます。

参考医療脱毛のレーザーと脱毛機の種類

一般には、波長が短いレーザーほど痛みが少なく、日本人に向いていると言われてきました。その一方、たとえ痛みを感じやすくても、産毛、白髪、剛毛など、波長が長いレーザーのほうが向いている場合も多く見られます。

医療脱毛で使う脱毛機の違い

医療脱毛で使う脱毛機は、採用しているレーザーだけでなく、照射口、吸引や冷却装置の有無、体毛を作る組織を破壊する仕組みによって、さまざまな種類が登場しています。

ジェントルレーズ(Gentle LASE)は、ロングパルスアレキサンドライトレーザーというアレキサンドライトレーザーを採用した脱毛機です。産毛、白髪、日焼け、毛根が深い毛は苦手と言われます。日本人の毛質や肌質に最適と言われ、従来から豊富な施術実績があります。

ライトシェアデュエットは、ダイオードレーザーを採用し、皮膚を吸引して照射する脱毛機です。とても強い痛みを感じやすい機種です。冷却装置を搭載してるため、別途冷却ジェルが不要で、痛みはある程度緩和されます。

また、照射口のヘッドも大きなものと小さなものを交換可能で、とてもバランスの良い脱毛機です。よほどガンコな剛毛を除けば、平均的な体毛には十分効果のある脱毛機です。

関連ライトシェアとは?

ジェントルヤグ(ジェントルYAG、GentleYAG)は波長の長いYAGレーザーを採用してるだけあって、毛根が奥深い毛や、日焼けなど色素沈着している部位にも効果が高いと言われます。強い痛みを感じやすいものの、冷却装置を搭載していますし、ヒゲやVIOなど太くて強い毛には最適といえます。

メディオスターNEXT(メディオスターNeXT、NeXT Pro、NeXT PRO XLなど)は、可変式のダイオードレーザーを採用した最新機種です。細い毛や産毛にも効果があると言われています。全国的な導入や施術実績はこれからというところですが、注目の最新式脱毛機です。

上記のその他の機種が、毛根にある毛乳頭や毛母細胞を破壊する熱破壊式なのに対し、メディオスターNEXTは、皮膚内部の浅い組織(「バルジ領域」)に熱を蓄えさせて破壊する「蓄熱式」脱毛機です。熱エネルギーをジワジワと蓄えさせるため、施術中の痛みが少ないと言われます。

医療脱毛を受ける時のポイントは?

医療脱毛を行うクリニックの多くは完全予約制で、初回は無料カウンセリングを行うところがほとんどです。まずは、無料カウンセリングを予約してみましょう。

まずはカウンセリングを受けてみよう

医療脱毛を受けるかどうかは、いくつかのクリニックのカウンセリングも受けて比較・検討した上で、自分が合いそうだと思ったところを選ぶと良いでしょう。カウンセリングを受けたからといって、その場で契約する必要はありません。

当サイトで取り上げているクリニックは、どれもおすすめできるところばかりです。いろいろなクリニックで、自分の体毛に関する悩みや、医療脱毛に関する疑問・質問をぶつけてみて、最終的に「ここだ」と思ったところを自分で判断されるのが好ましいと思います。

参考医療脱毛のカウンセリングと選び方まとめ

参考初診(カウンセリング)前の注意点・ポイント

関連予約から施術までの流れ

医療脱毛を受ける場合に気をつける点は何?

医療脱毛を受ける場合、肌トラブルを避けるため、自分でも気をつけるべきことがあります。まず、毛抜きの使用や日焼け肌、肌をこすったり傷つける行為は避けるべきですし、予防接種を受ける前後2週間程度は医療脱毛を受けないほうが良いと思います。

また、施術を受けた日の入浴や熱湯でのシャワーはやめたほうが良いと思いますし、赤み・炎症の予防や保湿ケアに気をつけましょう。医療脱毛のクリニックのなかには、施術後に医薬品の塗り薬(軟膏、クリーム)を提供してくれるところもあります。

参考医療脱毛を受ける前の注意点

参考医療脱毛を受けた後の注意点

関連医療脱毛後のお手入れ方法

医療脱毛で施術中の痛みが我慢出来ない方は、笑気麻酔を希望することもあると思います。ただし、笑気麻酔は、直前6時間以内は絶食(食事や大量の飲水は避ける)、直前2時間以内は絶飲(飲水を避ける)を守りましょう。飲食物が完全に消化されていない状態で笑気麻酔を受けることは、嘔吐や誤嚥(ごえん)の原因になります。

参考医療脱毛・笑気麻酔の前は食事NGか/FDA認可とは

医療脱毛の服装に特に決まりはありません。ただ、リラックスして受けられるように、楽な衣装であることが良いと思います。
また、施術がスムーズに進むように、着脱しやすい服装が理想的ですが、施術する部位によって、脱いだり、まくりあげたり、めくりやすい服装が好ましいといえます。

参考医療脱毛はどんな服装で行ったら良いか?

医療脱毛は医師の診察・指導のもと、実際に施術するのは看護師が一般的です。医療脱毛に関して言えば、女性の看護師が圧倒的に多く、女性への施術はまず女性看護師が行うことが一般的です。
これに対して、男性への施術は、特に男性専門のクリニックを中心に、男性看護師が行うケースも多く見られます。その一方、なかには男性の施術を希望することが出来ず、男性にも女性看護師が施術するクリニックもあります。

参考男性看護師か女性看護師か希望できるか?

医療脱毛の前に剃毛は必要?それはなぜ?

医療脱毛を受ける際、あらかじめ毛を剃ってきてください(剃毛)というクリニックがあります。「医療脱毛前の剃毛は必ずやっておいたほうが良い」と思います。

医療脱毛(医療レーザー脱毛)は、皮膚の上からレーザーを照射して、皮膚内部にある体毛部分から毛を作る組織へ熱エネルギーを波及させて破壊する施術です。このため、皮膚に見える部分の体毛を除去しておくことが望ましいと言えます。

このため、医療脱毛では、前もって剃毛を求めるクリニックが多いといえます。中には、来院時にスタッフが剃毛してくれたり、剃り残しがあった場合に別途剃毛を行うクリニックもあります。

クリニックの中には、衛生面を考慮して、患者さんごとに専用の電動シェーバーを用意したり、使い捨てのシェーバーを使用するところもあります。これらスタッフによる剃毛料や、剃毛器具に関しては、クリニックによって無料サービスか別途有料か分かれます。

参考医療脱毛前の剃毛は必ず必要か?

関連毛の処理(シェービング)を忘れた場合はどうすれば良いのか

備考

なかには、医療脱毛の前の剃毛は不要というクリニックもあります。また、初回の施術時のみ剃毛は不要というクリニックもあります。
これらは、患者さんの毛質や肌質、前回施術後の経過を確認の上で施術をしたいというクリニックだと思います。

医療脱毛の選び方

医療脱毛を選ぶ際、多くのクリニックでは、各部位ごとだけでなく、複数の部位をまとめたセットや、全身部位のコースを設けています。
また、1回ごとの施術だけでなく、一般的な5~6回のコースや、医療脱毛経験者を想定した3回程度のコースを提供するクリニックもあります。これを何ヶ月おきに施術し、どれくらいの期間で終了するか、クリニックによって施術期間が異なります。

あるいは、例えば全身脱毛と言っても、顔・VIO・うなじ・首周りを含むコースと除くコースが設定されている場合がありますし、「VIO」など複数の部位のセットでも、AとBのクリニックでは施術範囲が異なる場合があります。

このように、それぞれのクリニックのそれぞれのコースで、「どこまでの施術範囲か」「完了までどれくらいの期間か」は、しっかりと確認しておきましょう。

医療脱毛の料金について

医療脱毛の料金プランでは、どこまでが追加費用無しで受けられるか、「無料保証」の範囲も確認しましょう。
初回のカウンセリングだけでなく、初診料、再診料、処置料、お薬代、予約キャンセル料、剃毛料、打ち漏れの場合の再照射料まで、無料あるいは別途有料か、クリニックによって異なります。なお、麻酔に関しては、別途有料というクリニックがほとんどです。

また、コース終了後の方を対象に、追加照射1回あたり特別価格で受けられるというクリニックもあります。さらに、クリニックによっては、平日や特定の時間帯で受けることを条件にした格安コースも提供しています。

医療脱毛のクリニックを比較する場合、単にコース料金を見るだけでなく、こうした無料保証の範囲、追加照射の料金、格安コースの条件も確認すると良いでしょう。

参考医療脱毛の料金プラン

医療脱毛では、支払い方法に関しても、現金一括、クレジット払いのほか、カード不要の分割払い(医療ローン)が可能なクリニックも多く見られます。月々の負担を軽く出来るクリニックは、気軽に申し込めます。

参考支払い方法や分割払いの可否・回数を確認しよう

医療脱毛では、料金プランの有効期限や、解約時の返金対応の有無もチェックしましょう。コースの有効期限が3年間、5年間、あるいは無制限というクリニックもたくさん見られます。

医療脱毛を解約する場合、解約手数料ゼロというクリニックも多く見られます。
なお、返金対応OKであっても、例えば5回・10万円のコースを2回受けて解約する場合、残り3回×2万円=6万円が返ってくるとは限らず、一例として「該当コース1回分の料金」に施術済みの回数を掛けて引かれるなど、各クリニックが契約時に設定したそれぞれの規約に基づいて返金されます。

また、クレジット払いや医療ローン利用の分割払いを選んだ方は、クリニックとは別に、クレジット会社や信販会社に対して、解約手数料が発生したり、分割手数料は返金されない場合が多いことに注意しましょう。

関連有効期限・解約・コース終了後の料金

どこまで要望に応えてくれるかも確認しよう

医療脱毛に関しては、料金面以外でも、以下の点について、クリニックによって違いがあります。

  1. 完全なツルツル脱毛だけでなく、全体的に毛の量を減らして薄くするとか、ヒゲやVIOなどデザイン脱毛に対応すると言った、ひとりひとりの希望に沿ったオーダーメイド脱毛に対応するクリニックもあります。
  2. 医療脱毛は完全予約制。評判の高い人気クリニックほど予約は取りにくい傾向があります。なかには、初回優先枠を撤廃したクリニックや、当日予約枠を確保してくれるクリニックもあります。
  3. 全国展開している大手のクリニックなら、契約中のコースを引き継ぐ、系列院への転院OKというクリニックもあります。転勤・進学など引っ越す可能性がある方におすすめです。
  4. 生理中の医療脱毛は、衛生面や肌トラブルの面から、おすすめしません。生理中でもOKというクリニックは避けたほうが良いと思います。
  5. 医療脱毛のクリニックを口コミだけで選ぶのは難しいと思います。初回のカウンセリングは無料で、医師が対応するクリニックも多いことから、まずはいくつか受けてみて、実際の感覚に基づくご自身の判断で決めることをおすすめします。

参考オーダーメイド脱毛(ナチュラル/デザイン脱毛)とは

参考予約の取りやすさや予約改善への取り組み

参考大手クリニックなら転院の可否・条件の確認も

参考生理中の医療脱毛はやめよう

参考医療脱毛の口コミ情報は信じてよいのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医療脱毛ガイド